鉄馬の工具箱

te2uma(てつうま)のブログです。調べ物のメモなどを共有します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Mindjet for Androidで、既定のファイル形式をFreeMindに変更してもうまくいかない場合は?

Android版のMindjet は、既定のファイル形式を FreeMind (.mmファイル)に変更できるため、PCと同期を取って作業する場合に便利です。次の手順に従って設定します。

既定のファイル形式をFreeMindに変更

(検証環境は、Nexus 7+Android 4.2.2+Mindjet バージョン3.0です)

  1. Mindjet for Androidのトップ画面で、右上の「…」ボタンをタップし、「Settings」を選択。
  2. 「STORAGE」の「Other」をタップ。
  3. 「GENERAL」の「Default file format」をタップし、「Freemind」を選択。
../../../_images/mindjet_setting.png
  1. 戻るボタンを複数回タップし、設定画面を抜けます。

以降、新規に作成するマップはすべてFreeMind形式で用意されます。

設定を変更したにも関わらず、うまくいかない場合

ただし、一点だけ注意点があります。

データの保存先をMindjetのクラウド上に指定している場合は、上記の設定が無視され、新規に作成するマップがすべてMindjet形式になってしまいます。デフォルトでは「(Last Name) reader account」というタブを選択している状態がそれに当たります。

適宜、Device(ローカル)やDropboxといった保存先を選択しましょう。ローカルおよびクラウドストレージの有効化/無効化は、前節の手順2.で表示される設定画面で変更できます。

Mindjetのクラウドを利用しない場合は、Settingsのメニューを使ってログアウトしてしまってもよいでしょう。タブが非表示になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加